上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネタがありそで無さそで更新しそびれてました・・・すいません。

先日の定休日に、数年振りにお花見に行きました。
それも夜桜!もうほんと久しぶりでした。
京都の清水寺へ行きました。
ベタな花見スポットですが、お花見シーズンに行くのは初。
パー子ばりに写真を撮りまくりました!ハッハー!

IMG_0817_convert_20130329011223.jpg

IMG_0819_convert_20130329011504.jpg
三重の塔。昼間に見るのと違って、風格があります。

IMG_0818_convert_20130329011355.jpg
わー!めちゃ綺麗!

IMG_0823_convert_20130329011801.jpg

IMG_0830_convert_20130329011940.jpg
この日は小雨だったけど、晴れてたらもっと綺麗なんでしょうね。

IMG_0832_convert_20130329014755.jpg
記念撮影。完全に脱力系の顔です(笑)。

IMG_0836_convert_20130329012116.jpg

IMG_0850_convert_20130329012524.jpg
この2枚は我ながら綺麗に撮れた!美しい!


ここ数年、桜の開花がちょっと早くなってるような気がします。
今週末~来週末くらいがちょうどピークを迎えるのでは。
お花見シーズンの到来ですね!
お花見宴会なんてもうかなりご無沙汰です。
お花見しながらビール飲んで、みんなでワイワイ騒げたら最高でしょうね。
そんなお花見のアテに、ハンバーガーやサンドイッチなんていかがでしょうか!
行楽のお供に、一役買ってくれるかと思います。

IMG_4507_convert_20130329014114.png
当店一番人気のアボカドチーズバーガー!色がイーネ!
これ食べながらビール飲んでお花見とか、最高なんじゃないかと!
お花見のお出かけ前には是非、MARIGOLDのハンバーガー・サンドイッチをどうぞ!
(PHOTO by デコ山紀信 from 金沢City)



スポンサーサイト
平素より、当店をご利用頂き、誠にありがとうございます。
今月の営業日についてお知らせ致します。
3月20日(水・祝日)営業致します!

翌日21(木)振替休日とさせて頂きます。
尚、その他の日については、通常通りの営業となります。
お間違えの無いよう、お誘い合わせの上、お待ち致しております!
今回は、うちの看板メニューであるハンバーガーのパティを紹介します。

MARIGOLDのハンバーガーパティは、国産牛100%を使用しています。
2つの部位をブロックで仕入れ、お店で捌き、ミンチにしています。
これは、とある日のものです。

IMG_0778_convert_20130130225812.jpg
この部位は、腕肉の一部「トンビ(トウガラシ)」といいます。
この部位は赤身が多く、肉の味はあっさりしています。
この部位はユッケやカルパッチョに最も適しています。
今ではほとんど食べれないですが、生で食べると旨い肉です!

IMG_0780_convert_20130130230022.jpg
そして、これは肩ロースの一部分です。
肩ロースは、肉の味が最も濃い部位です。
焼肉屋さんでは、主に上ロースで出しています。
スーパーではすき焼き用として売られてますね。

お肉は、その時々によって部位を変えたりしています。
お肉屋さんと交渉し、最も適した部位を使っています。
硬いスジや余分な脂を落として捌いていきます。

そして、捌き終えた肉をミンチにしていきます。
IMG_0779_convert_20130130225931.jpg
ボニーさんでうにゅうにゅとミンチ。
肉感を出すために、結構粗引きにしてます。

IMG_0782_convert_20130130230133.jpg
ミンチにしたら、いよいよ最終工程。
微塵切りにした牛脂、調味料を加え、粘りが出るまで捏ねていきます。
パティは1枚110g。クォーターパウンドです。
お肉を捌く以外は、毎朝ミンチ、捏ねています。


MARIGOLDのハンバーガーは、ちゃんと肉食った感のあるものにしています。
以前にも書きましたが、ハンバーガーの美味しさの要は、バンズとパティの相性です。
国産牛を使うと、どうしてもコストが上がり、見た目以上に値段が高いと思われる方が多いと思います。
コストを下げるには、安い輸入牛を仕入れれば、もう少し手頃な価格にすることは可能です。
だけど、僕はそれはしたくありません。
なぜかって、美味しくないから。
輸入牛もモノによりますが、餌の関係等で、どうしても血生臭い味が気になります。
ステーキ等の調理法ではさほど気になりませんが、ミンチにしてしまうとモロに味に影響します。
僕の目指す味は、後味があっさりとしたもの。
尚且つ、安心・安全な食材を使用するからこその、現在の価格になっております。
だから、ファーストフード店とは比べないでね(泣)。

大阪や関西では、個人店のハンバーガー屋さんはまだまだ少ないです。
東京の方では結構多いし、認知もされてますが、関西ではやはり特殊なんでしょう。
けど、個人店のハンバーガー屋さんは、それぞれに情熱を持ってられます。
皆さん共通して言えることは、ハンバーガーが大好きであること。
そして、試行錯誤した手作りバーガーを、世に認めてもらいたい一身だと思います。
ハンバーガーって、こんなにも美味しくて、奥が深いんだよ、と。
MARIGOLDは、自分で言うのもなんですが、ものすごく辺鄙な場所にあります。
うちを目指して来てくれるお客様に対し、少しでもハンバーガーの価値観を変えることが出来れば、
これ本望でございます。
そして、関西にもっと個人のハンバーガー屋さんが出来、横同士の繋がりを持つことが出来れば
最高ですね。
まあ、僕みたいな下っ端のバーガー屋が何言うとんねんって感じですが(笑)。
それくらいの気持ちでやっとります!
どうぞよろしくお願い致します!
2週間振りの更新でございます。サボってました。
先週の休みに、数年振りに映画を観に行きました。
普通の映画ではありません。
ポルノ映画でもありません!
この映画を観て来ました。

この方をご存知の方はいらっしゃいますかね?
料理人の方なら、名前くらいは聞いたことがあると思います。
この方は、銀座にある鮨屋、すきやばし次郎の店主、小野二郎さんです。
この映画は、小野二郎さんと、すきやばし次郎のドキュメンタリーです。
この映画は、もともとアメリカで公開されてたもので、監督もアメリカ人。
それが瞬く間に反響を呼び、日本での公開になった、逆輸入モノ!

店主の小野二郎さんは、なんと御年87歳!
現在も現役バリバリで鮨を握り続けておられます。
すきやばし次郎は、世界で最も権威の高いミシュランガイドで、最高評価3つ星を5年連続で
獲得している、日本で一番有名な鮨屋さんと言っても過言ではないでしょう。
鮨を握り続けて50余年ばかり。正に鮨の神様みたいな方です。
しかし、87歳の現在でも、どうやったら美味しくなるかということを常に考えておられます。
自分に厳しくないと、こういう考えには及ばないでしょう。
僕みたいなぺーぺーは、ただただ頭が下がる思いです。
冒頭の二郎さんの言葉に感銘を受けました。
「自分の生きる道を見つけたら、ただ没頭するだけ。
 自分の仕事に惚れ込んで、一生懸命になるだけですよ。」
この言葉に、背筋がピーンと伸びました。

すきやばし次郎の鮨は、おまかせのみ。
昔は単品やおつまみもされてたようですが、どうしたら鮨が一番美味く味わえるか、
と突き詰めた結果、現在のおまかせのみになったようです。
お店には、握りとあがり(お茶)のみ。
お酒も置いてないようです。
お値段は、なんと3万円から!!
それでも、1ヶ月前から予約しないと食べれません!スゲー!
ただの興味本位ですきやばし次郎で食べたとしても、きっと味の良し悪しはわからないでしょう。
食材にはもちろんこだわっておられるけど、このお店や二郎さんがどういう方なのかに
興味を持ち、真剣に味わって食べないと、恐らく味なんてわからないと思います。
僕もごくたまにフレンチのコースや、高級料理を口にすることがありますが、
ちゃんと味が判ったことなんてほとんどありません。
きっと、そういう料理というのは、ものすごく繊細な味覚が必要なんでしょうね。
けど、僕も料理人の端くれとして、一度は食べに行ってみたいです。
小野二郎という人の生き様を直に感じて、握ってくれた鮨を食べてみたいものです。
いつになることやら。
それまで、以前買った本を読んで生唾を飲んでおきます(笑)。
IMG_0808_convert_20130306220414.jpg
僕は鮨は全くわかりません。食べる専門です。
けど、この本はとても勉強になります。
いろんな分野からの知識を、自分なりに消化して取り入れていきたいです。
鮨とハンバーガーか・・・全然違うな(笑)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。