スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滋賀 AUNTY-MEE BURGERさん

夏期休暇2日目の昼、どうしても行きたいお店がありました。
関西ハンバーガー界の「ドン」と言われるお店。
それが、滋賀県大津市にある、AUNTY-MEE BURGERさんです!

IMG_0959_convert_20130828211823.jpg
黄色い外観が一際目に付きます!

AUNTY-MEEさんは、2003年に開業。
当時は移動販売が出来るよう、車を改造して販売されてました。
こちらの建物での営業になったのは、2009年から。
そして今年の8月に10周年!すごい!おめでとうございます!
IMG_0958_convert_20130828211714.jpg
それまでは、現在の建物の横のこちらで営業されてました。
歴史を感じますね。
右に見えるのが、バーガーを焼いていた車です。
現在もこちらでも食事出来ます。

AUNTY-MEEさんには4年くらい前、僕がハンバーガーにハマリ出した時に一度訪問済み。
自分もハンバーガー屋を始め、関西で同じバーガー屋をやる以上、顔つなぎしておきたいと思いました。
今回逃すといつ来れるかわからないので。
ウチと定休日が一緒だから(泣)。

入店し、オーナー岩波さんに自分の経緯を説明。
そして、AUNTY-MEEさんの看板メニューである、パイナップルチーズバーガーw/アイスコーヒーを注文。
IMG_0960_convert_20130828211936.jpg

IMG_0961_convert_20130828212048.jpg
ドン!綺麗な積み方。さすがです。
AUNTY-MEEさんのパティは黒毛和牛使用。
バンズはパン屋さん特注。
黒毛和牛が持つ肉の旨みとチーズのコク、ソテードパイナップルのほのかな酸味と甘み、
レタスのシャキシャキ感と、それをうまくまとめ上げるバンズ。
全体のバランスを緻密に計算されたバーガー!旨い!
関西ハンバーガー界を牽引してきた味ですね。

オーナー岩波さんとお話していると、「マッシュルームチーズバーガー」が本当に食べて欲しいバーガーと
薦められ、少し時間が経ってから再度注文!
作る工程も見せて頂きました!
IMG_0966_convert_20130828212728.jpg
これ、椎茸じゃないですよ。マッシュルームです。
めちゃくちゃデカい!こんなにデカいの初めて見ました!
食感とキノコ本来の旨みを出すために、大きめにカット。贅沢です。

IMG_0968_convert_20130828212901.jpg
オーナー岩波さん。ミスターハンバーガーです。
マッシュルームはバターと塩・胡椒でシンプルに蒸し焼き。
それをパティの上に乗せ、チーズを乗せて蓋をし、一体化させます。
そして出来上がったのが・・・

IMG_0969_convert_20130828213018.jpg
どーん!これです!w/ぺリエ。

IMG_0970_convert_20130828213452.jpg
アップ図。マッシュルームの旨みを引き出す為に、野菜は挟んでません!
バンズ、パティ、マッシュルーム、チーズの、直球勝負のバーガー!
マッシュルームの良い香りと旨みが鼻を突き抜けます!旨いです!
ちょっとこれはクセになりそう!
岩波さんがおすすめしたのがわかります!

他にも、メニューはたくさんあります。
月替りのバーガーもされてますので、HPで確認してみて下さい。
IMG_0964_convert_20130828212425.jpg
入り口右が注文口。

IMG_0965_convert_20130828212618.jpg
ドリンクメニューやサイドメニュー。
かなり多いです。


ハンバーガー屋さんへ行くと、必ずいろんなお話をします。
AUNTY-MEEさんのことは、いろんなハンバーガーの雑誌に載っており、どういう経緯でお店を始めただとか、
味のコンセプト、お店のこだわり等、自分なりに熟知していました。
お店の数ほど、それぞれコンセプト等が違うのは当然のことですが、僕と岩波さんとは
味に対する共通点があります。それは、
「毎日でも食べれる、おにぎり的な感覚の味。即ち、飽きないもの」
1つ1000円ほどするハンバーガーは、立派な贅沢品です。
滅多に食べることがないからこそ、インパクトの強い味を出すお店もあります。
ただ、飲食全体の思考からすると、1000円という単価は決して高くないと思います。
1000円という値段をどこで勝負するのか。
この値段帯が一番難しいでしょう。
ボリューム重視か、質を重視か。
どちらも正解だと思います。
後はやはり、食べたい頻度になるかと。
そういう部分が非常に似ていると思います。

AUNTY-MEEさんは、来られたお客さんに、ハンバーガーに対する説明を必ずされてます。
それはやっぱり、ハンバーガーってこんなに美味しいものなんですよと、お客さんに理解してもらった上で
食べて欲しい一心なんだと思います。
だから、ただ単に食べに来た方には、正直抵抗があるでしょう。
けど、ハンバーガーに限らず、どんな料理にも、作り手の「想い」があります。
僕自身も当然あります。ありまくりです。
それを感じるか、感じないかで、料理の美味しさも変わると思います。
そういう意味でも、「食事」という行為を無駄にして欲しくないですね。

ハンバーガーに対する情熱は、岩波さんの足元にも及びませんが、同じ関西でやってる以上、
お互いに良い意味で切磋琢磨出来れば、と思います。
点と点とが繋がって線がたくさん出来、関西ハンバーガー界が盛り上がりたいものです。
繋がりが多いほど、心強いものです。
その為にも自分で足を運び、いろんな良い部分を吸収して、自店に取り入れようと思います。


AUNTY-MEEさん、御馳走様でした!
また時間が出来たときは伺いますねー!
今後とも、どうぞよろしくお願い致します!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。