スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンバーガーとMARIGOLDと私 その1

部屋とYシャツと私をパクリました。
今回は、ハンバーガーの事と、店名の由来について、2回に分けて
書いていこうと思います。


今回、お店を開業するに当たって、何故ハンバーガーがメインなのかと
いうことですが、答えは単純に、好きだから。

ハンバーガーに衝撃を受けたのは今から4年前くらい。
本屋で何気に取った雑誌がきっかけでした。
今までハンバーガーと言うと、マクドナルドやモスバーガー等のチェーン店の
ものしか知らなかったし、ハンバーガーというものは安くて手軽に
食べれるものだという認識でした。
恐らく、多くの方は同じ考えだと思います。
しかし、雑誌に載ってたハンバーガーは、ファーストフード店のそれとは違う、
非常に手の込んだボリュームのあるものでした。
「このハンバーガーがどんなものなのか、自分の舌で確かめたい!」
ちょうど勤めていたお店が改装工事で3日間連休が取れるということで、
東京へ食べ歩きツアーに行きました。

IMG_0638_convert_20121209010347.jpg
この3冊と折りたたみ自転車を担いでせっせと食べ歩きました。

早朝に出発し、3日3晩本当にハンバーガーだけ。
合計12軒くらい行きましたかね。
今考えると良く食べれたなぁと思います(笑)。
けど、この時に自分の考えが覆されました。
正直、舐めてました、ハンバーガー。
所謂ファーストフードやジャンクフードとは全く違う、ちゃんと
「料理」されたものでした。
どのお店も趣向を凝らしていて、本当に美味しかったなぁ。
この時からですね、虜になったのは。
「ハンバーガーって、めちゃくちゃ奥が深い!」と思いました。

ハンバーガーの味の決め手は大きくは2つ。
バンズとパティの相性だと思います。
しかし、その他の挟む具材のバランスや重ね方などによって、
味は大きく変わってしまいます。
それに、どれか一つ味が抜きん出たものでもダメ。
互いの良いところを殺さずに引き出し合わないといけません。
まあ、これはハンバーガーに限った話ではありませんが、これには
どのお店でも苦労されてると思います。

そして、食べ物で重要な要素は、「飽きない」こと。
日本人が必ずと言っていいほど毎日食べるものって、
お米と味噌汁ですよね。
まあ、毎日ハンバーガーを食べる人は極まれだと思いますが(笑)。

MARIGOLDで提供するハンバーガーのこだわりは、
バンズはパン屋さんに特注で焼いてもらいます。
お肉は、国産牛100%を使用。
お肉屋さんに部位を指定し、お店で捌いてミンチにします。
野菜は、知り合いの農家さんから分けて頂きます。
正直、手間暇かかります。だから、ファーストフード店のような金額ではありません。
ハンバーガーって、意外と原価かかります。マジで。
だけど、そうしないと美味しくないから。

MARIGOLDの料理は、僕が思うに「薄味」だと思います。
始めの一口目で「旨い」より、全てを食べ終えて「旨かった」を目指してます。
僕が基本、薄味好みというだけなんですけどね(笑)。
けど、「飽きない」ってそういうものなんじゃないかな、と思います。
「飽きない=気軽」であること。
ハンバーガーって、やっぱり気軽な食べ物ですから。

あと、ハンバーガー以外にもサンドイッチとカレーを提供しますが、
これはハンバーガー以外にも選択肢があるほうが良いと考えました。
ハンバーガーだけで勝負しているお店にとっては邪道だと思いますが、
地域の特性を生かしたラインナップでないといけないと思います。
こだわりだけを全面に押し出しても、受け入れられなければ意味が無いので。
あっ、サンドイッチやカレーもちゃんと手間と愛情かけてますよ!

いろいろと料理のことを言うと止まらなくなってしまいますね。
商売で一番重要なことは、お客様に喜んでもらうこと。
料理人としての技術は下の下ですけど、考え方だけは一流のシェフを見習って、
日々精進していこうと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

食べたいです!!

(*゚▽゚*)

私も早く食べたいです!

v-45なかのっち
久々に聞く感じ(笑)。
もうちょい待っててね!

v-45ひろにぃ
この言い方、前の職場で流行ってたんですよ(笑)。
今しばらくお待ちを!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。